鉄道チャンネル

高山本線・飯田線 全線運転再開に相当な日数を要する見込み――JR東海、7月9日発表

JR東海は「令和2年7月豪雨」に伴う高山本線及び飯田線の被災状況について、複数の箇所で線路内への土砂流入等が発生し、線路設備等が損壊するなどの被害が発生していると発表した。現在は天候が回復した地点から順次現地調査を進めており、損害状況の全容把握に取り組んでいるという。

明日7月10日(金)以降も高山本線及び飯田線においては列車の運休が発生する。全線運転再開には相当な日数を要する見込み。

現時点で判明している主な被災箇所

・高山本線 飛騨一ノ宮駅 ~ 高山駅間 130K700m 土砂流入
その他、複数箇所で土砂流入、線路冠水を確認。

・飯田線 小和田 駅 ~中井侍駅間 87K 付近 土砂流入
その他、複数箇所で土砂流入、線路冠水を確認。

今後の運転計画

運転再開日などは決まり次第あらためて告知があるという。特急「ワイドビューひだ」及び特急「ワイドビュー伊那路」は、当面の間、全列車を運休とする。列車の運転区間やダイヤ等に変更が発生する際は、随時、JR東海ホームページで告知する。

鉄道チャンネル編集部
写真:JR東海

オススメ記事

こちらの記事もオススメです

注目キーワード