通津駅 こぢんまりしてます【木造駅舎巡礼02】山陽本線36/46

2020.10.29

※2020年8月撮影

トップ画像は、JR西日本山陽本線通津駅。前回の玖波駅は広島県でしたが、ふたつ隣の和木駅から山口県に入っています。

木造駅舎鉄道旅も6日目、8月22日です。岩国駅を6時10分発の新山口行に乗って通津駅に向かいました。

途中の車窓。安芸灘に朝日が登ったのですが・・・。

※2020年8月撮影

通津駅6時22分到着。曇天で少々暗いです。乗って来た新山口行が出発して行きます。JR西日本N-03編成。広島色の頃に撮った写真があったと思いますが、すみません、Macには15万枚写真が入っているのでアバウトで探すとトンデモなく時間がかかってしまうのです。

※2020年8月撮影

下りホーム側に木造駅舎があります。奥は神戸駅方面。

※2020年8月撮影

駅名標。

※2020年8月撮影

通津駅は、1934年(昭和9年)鉄道省山陽本線の駅として開業。1960年(昭和35年)貨物取扱廃止。1996年(平成8年)業務委託駅になりました。2004年(平成16年)平日のみの営業になります。筆者が訪れた8月22日は土曜日なので窓口は閉まっていました。

跨線橋で上りホームに行きます。階段の途中から木造駅舎。

※2020年8月撮影

もう少し上がって。屋根瓦が少々ヤレていますね。

※2020年8月撮影

駅前広場が見えます。山陽本線、この辺りではほぼ南北に走っています。左(東)は安芸灘が広がっています。100mも歩けば通津漁港です。

※2020年8月撮影

跨線橋の上から神戸駅方面。海は見えないですね。駐輪場が土曜日なので?ほぼ空っぽです。

※2020年8月撮影

駅舎がよく見えるポジションで1枚。

※2020年8月撮影

上りホームに降りて、待合室も木造で時代物、良い味だしてます。

※2020年8月撮影

くどい、と言われそうですがとにかく記録をしておきたいので様々な角度から駅舎を撮ります。

※2020年8月撮影

ホーム側正面。こぢんまりしていています。個人的には、玖波駅の様な端正で美しい駅舎も好きですが、この様な小さな木造駅舎も良いと感じます。正面がほぼ真東なので朝日が出てきた様です。

※2020年8月撮影

蛍光灯が明るく見えるのはやはりまだ周囲が少し暗いのです。山際にあることも影響しているかもしれません。

※2020年8月撮影

南側には窓が全く無くて切妻屋根の妻壁に空気孔があるだけです。

※2020年8月撮影

では駅舎をゆっくり見ましょう。

【木造駅舎巡礼02】山陽本線37 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです