横浜市営交通が100周年 地下鉄ブルーライン延伸計画など、公営交通の現状と展望を見る

2021.02.06

神奈川東部方面線で東京都心直行

相鉄・JR直通線路線図 画像:相模鉄道

鉄道関係では、2つのプロジェクトが進みます。一つ目は2019年11月末、「相鉄・JR直通線」が開業した神奈川東部方面線。鉄道チャンネルでもリポートさせていただきましたが、相鉄本線とJR湘南新宿ライン(東海道貨物線)をつなぎ、横浜市西部や神奈川県央から東京・渋谷や新宿への乗り換えなしのアクセスを実現しました。

神奈川東部方面線は引き続き、2022年度下期開業を目指して東急電鉄日吉方面に延伸工事中で、新横浜での東海道新幹線乗り換えが便利になります。2020年12月には、東急電鉄が新横浜線(東部方面線の東急部分の線区名)の綱島地区に開業する新駅の駅名を「新綱島」に決定して、話題を呼びました。

画像:東急電鉄

シーサイドラインが京急に接続

もう一つは、京浜急行電鉄と横浜シーサイドラインが接続する金沢八景駅周辺の整備事業。シーサイドラインの金沢八景駅を京急側に約150m移設、乗り換えを便利にします。シーサイドライン駅は現在は単線ですが、2021年2月14日に複線化されるそうで、別稿で紹介しました。

【関連記事】
2021年2月14日に金沢八景駅の線路切り替え 横浜シーサイドラインがホーム1面2線化
https://tetsudo-ch.com/11165970.html

次ページ安全・快適の向上と街づくりへの貢献


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです