SNS映え間違いなし! フレッシュなチョコレートを体感できる空間が「横浜大世界」に誕生

2018.01.26

いま、チョコレートづくりや、できたてのチョコレートを体感するなら、横浜だ―――。

横浜中華街にあるテーマパーク型商業施設「横浜大世界」に「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」が1月26日オープン。

横浜エリア最大級、約235.5平方メートルのフロアが、チョコレート一色。ガラス張りのファクトリー、できたてチョコレートが味わえるカフェ、ここだけのオリジナル商品が並ぶショップ、チョコレートの文化や歴史が学べるミュージアムなどで構成。

さらに世界にたったひとつだけのチョコレートをつくる体験コーナーやワークショップも順次開催。チョコレートを、見る、味わう、体験するのエンターテインメント空間で、インスタ映え女子たちから注目されている。

1月25日、インスタグラマーやメディアを集め、先行公開したさいの画像といっしょに、SNS映えする横浜チョコレートファクトリー&ミュージアムの魅力を探っていこう。

すべてがフォトジェニック、SNS映えガチで!

まず店内は、ウッドやアイアンの素材感をアクセントにした、SNS映えする空間に。「どこを撮っても絵になるおしゃれさ」がウリ。カフェメニューのスイーツやドリンク、商品のパッケージやショッパーにいたるまで、デザインにこだわったつくりが印象的。

チョコができる瞬間を目の前で

ガラス張りのファクトリーでは、職人がチョコレートを手づくりする姿を目の前で見れる。できたてのチョコレートは、カフェで試すこともできる。店内はチョコの甘い香りでいっぱい。

できたてのチョコレートをその場で

カフェでは、できたてのフレッシュなチョコレートを使ったスイーツやドリンクが試せる。視覚的にも楽しい注目メニューを写真で紹介。


満月に見立てた球体のチョコレートに、アツアツのチョコレートソースをかけると、とろっと溶けた先にデザートが現れる「メルティムーンチョコレート」。

コーヒーやカフェラテにホイップクリーム、チョコシロップ、カラフルな手づくりのメレンゲをトッピングした「モンスターチョコレートドリンク」。

濃厚なソフトクリームにクーベルチュールチョコレートの目玉でかわいく仕上げた「モンスターアイスクリーム」。

ココだけのオリジナル商品でプレゼントを


ショップには、世界各地の食材とチョコレートとのマリアージュが楽しめる「7 Seas Chocolate」をはじめ、縁起のいい花文字をあしらった「花文字ボンボンショコラ」、ナッツをカラフルなチョコレートでコーティングした「Yokohama Sweet Ball」など、オリジナルのチョコレート菓子を種類豊富に取りそろえています。ここでしか買えない特別感があり、おみやげやギフトにも最適です。

世界でたったひとつのチョコレートをつくる!


パティシエの指導のもと、チョコレートやマーブルアートチョコレートなどがつくれるワークショップを、定期的に開催(要予約)。完成したチョコレートは、テイクアウト可能。「大切な人へのプレゼントにもおすすめ」と。

この横浜チョコレートファクトリー&ミュージアムは、グランシェフが、ザ・リッツ・カールトン東京を経た山本佳正氏、総合監修はモンサンクレールやピエール・エルメ・パリを経た牧野浩之シェフ。

オープン記念特典も実施。1月26日~2月4日の10日間限定で、500円以上購入した先着50名に“リップ”または“ヒゲ”の形の「変身ロリポップチョコレート」をプレゼントするという。


横浜大世界「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」公式サイトはこちら

こちらの記事もオススメです