加熱式たばこ jouz に500本限定特別デザインモデル_「20」と「12」の2サイズでラインナップ

2018.12.23

上質な香り、安心の味、たばこ本来の風味、デザイン性、直感的な操作、iQOS専用たばこスティック対応―――。

そんな“違い”で注目を集めている加熱式たばこ「jouz」シリーズに、スリムなモデルと、数量限定特別デザイン版が登場。

数量限定、特別デザインモデルは2タイプ。

ジョウズ・ジャパンは、この限定モデルが Amazon などで販売開始したのにあわせ、東京・青山でタッチ&トライイベントを開催。

多くのファンが集まるなか、さっそくそのディティール、肌触りをチェックしてみた。

【限定500本】ブルーが印象的な「jouz 20 LE」青海波をイメージ

まず右の空色モデル。ブルーが印象的な「jouz 20 LE(LIMITED EDITION ~Nami~)」(8980円)は、日本古来の紋様「青海波」(せいがいは)をイメージ。

「海の広がりのように未来永劫へと幸せが続きますように」という想いが込められたモデルに。

jouzシリーズの「20」がベースで、1度の充電で最大20本の連続使用が可能。

<jouz 20 公式スペック>

充電一体型で、卵ひとつぶんほどの重さ(58g)だから、これ1本でいつでもどこでも、サッと一服できる。

また、ケース底面に隠れたUSBポート、喫煙時間を知らせるLEDインジケーターなどは、機能美を追求しシームレスで美しいボディに。

使い方はボタンを一回押して20秒待つだけ。LEDインジケーターの点滅と振動で、喫煙可能な状態になったことを知らせてくれる。

【限定500本】朱赤の「jouz 12 LE」は梅をイメージ

そして朱赤が印象的な「jouz 12 LE(LIMITED EDITION ~Ume~)」(8680円)は、日本の春を想わせる梅がモチーフ。梅は、「寒い冬を抜けて春に最初に咲き出す、勢いに満ちた花」で、「jouzブランドの勢いをイメージしてデザイン」したという。

こちらはブルーの「jouz 20 LE」よりもやや細いってわかる?

そう。この「12」シリーズは、ライトユーザーむけモデル。ベーシックカラーのホワイトやブラックも12月14日に発売されたばかり。

機能性・デザイン・味わいは「jouz 20」そのままに、重さは25%軽量化、幅を15%もスリムにし、一度の充電で最大12本の連続喫煙ができるというモデル。

公式サイトで会員登録して、jouz本体をゲットだ!

また、「jouz 12」販売開始(12月14日~)にあわせ、jouz ブランド初のアクセサリー「本革使用専用ケース」(4980円)なども発売。

本革使用専用ケースは、jouz 12 と jouz 20 専用のカスタマイズケース。最高品質レザーを使用、高級マイクロファイバーで裏張りしたモデルで、jouz 20/12、たばこスティック、クリーニングブラシがぴったり収納できる。

また、jouz公式ホームページでは現在「2018年会員登録キャンペーン」を実施中。新たに会員登録したユーザのなかから抽選で100人に jouz本体 をプレゼント。さらに獲得ポイントも増量中。

<2018年会員登録キャンペーン公式リンク>

このキャンペーン、1月31日までだから、会員登録するなら……いまでしょっ。

TAGS 新型 テクノロジー IQOS


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです