日立、YAMAGATA、KTC_AI活用した鉄道車両むけボルト締結作業管理システムを開発

2019.01.11

日立製作所、YAMAGATA、京都機械工具は、AR技術を利用した鉄道車両むけボルト締結作業管理システムを開発。

<テクノロジー関連記事>

同システムは、締結すべきボルトの位置を、作業者が装着するヘッドマウント型スマート端末のディスプレイ上へ表示。

表示どおりのボルトを規定の力で締めることができたかをメーターで確認できる。

また、同時にデジタル処理によって自動的に管理できる。

3社は今後、実運用にむけた現場での実証をすすめ、鉄道車両製造作業の効率化と品質の向上を図る。

鉄道車両製造現場では、機器類を固定するボルトが走行中も緩むことがないよう、確実にボルトを締める必要がある。

日立は鉄道車両製造で、今回開発したボルト締結作業管理システムの現場実証を重ね、2019年度下期の実運用をめざす。

また同システムは、1月16〜18日に東京ビッグサイトで開催される「第11 回オートモーティブワールド」のYAMAGATAブースで展示する。

TAGS テクノロジー 日立


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです