電通、2018年の国内インターネット広告媒体費について公表_モバイル広告費は初の1兆円超え

2019.03.14

電通グループ3社の、D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通は、「2018年 日本の広告費」調査結果(電通2月発表)のうち、インターネット広告媒体費の内訳を、広告種別、取引手法別、デバイス別などの切り口で分析。

2019年の予測を加えた「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表した。

<国内広告費概況>

2018年の総広告費、6兆5,300億円のうち、インターネット広告費は、全体の26.9%、1兆7,589億円(前年比116.5%)。

そこから「インターネット広告制作費」をのぞいたインターネット広告媒体費は、1兆4,480億円(前年比118.6%)。

<2018年 インターネット広告媒体費 視点>

広告種別は、検索連動型広告とディスプレイ広告で全体の約8割

広告種別では、検索連動型広告(39.4%)とディスプレイ広告(38.9%)の2種で全体の約8割を占め、その後にビデオ(動画)広告(14.0%)が続く。取引手法別では、運用型広告が全体の約8割を占めた。

モバイル広告費が初の1兆円超え

2018年インターネット広告媒体費1兆4,480億円をデバイス別に見ると、モバイル広告費が全体の70.3%(1兆181億円)となり、初めて1兆円を突破した。

2019年は、全体で1兆6,781億円まで成長する見込み

好調なモバイル広告の成長により、2019年インターネット広告媒体費は、全体で前年比115.9%の1兆6,781億円になると予測。

内訳はモバイル広告1兆2,493億円(前年比122.7%)、デスクトップ広告4,288億円(同99.8%)。

ビデオ(動画)広告費は2,027億円、2019年には2,651億円へ拡大すると予測

急成長をとげるビデオ(動画)広告の2018年の広告費は2,027億円。

2019年には前年比130.8%の2,651億円へと拡大する見込み。

なかでもモバイル広告の成長が著しく、前年比139.3%と全体の伸びをけん引すると予測する。

TAGS テクノロジー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです