SEMMIとPepper、東京駅にてご案内ロボット評価試験をドイツ鉄道と共同実施

2019.05.15

JR東日本は5月15日、Deutsche Bahn AG(ドイツ鉄道)との技術交流の一環として、ご案内ロボットのユーザー評価試験を共同で実施すると発表しました。

試験内容としては、異なるAIを搭載したSEMMIとPepperの2種類のご案内ロボットをお客様にご利用いただき、アンケート調査を実施するというもの。ご案内ロボットは日英中など多言語に対応しており、駅構内や周辺の道案内などを行います。異種ロボットについての受容性評価や2種類のAIの性能と運用の評価を行い、今後の研究開発委生かしていくとのことです。

この試験は5月20日(月)~5月31日(金)(土日除く)のうち10:30~17:00の時間帯に行われます。設置場所は東京駅地下1階 グランスタ ステーションコンシェルジュ付近。

SEMMIとPepperの特徴はこの通り。

TAGS JR東日本 テクノロジー/新技術/新開発


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです