ぐしゃぐしゃで最高 只見線/04【50代から始めた鉄道趣味】その31

2019.07.12

※2019年6月撮影

藪神駅の只見側にある踏切を小出行列車が通過しました。

※2019年6月撮影

只見行列車は小屋柄川を渡ります。

※2019年4月撮影

藪神駅から2.1kmで越後広瀨駅。

※2019年4月撮影

何だか地図上の表示が国道252号線・291号線・352号線がぐしゃぐしゃで最高に分かり難いのですが、越後広瀨駅。駅舎正面です。木造の駅舎で良い感じ。

※2019年6月撮影

駅舎を抜けてホームに行きます。

※2019年6月撮影

明らかに島式ホーム1面2線だったことが分かります。

※2019年6月撮影

手前が小出方面、奥が只見方面です。

※2019年6月撮影

ホームと駅名標。1942年(昭和17年)小出〜大白川間開業に合わせて駅が設置されました。1985年(昭和60年)までは有人駅。

※2019年6月撮影

ホームからの眺め。緑の向こうに山々が見えます。方角的には、山の向こうに只見があります。

※2019年6月撮影

小出方面。右に駅舎が見えます。

※2019年6月撮影

穀倉地帯をノンビリ行きます。

只見線/05【50代から始めた鉄道趣味】その32 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです