JR九州「キハ66・67形」が6月末に引退 記念乗車券や車両部品を発売

2021.05.28

長崎本線・大村線・佐世保線を走る「シーサイドライナー」として活躍するキハ66・67形は、2021年6月30日をもって引退する。2021年5月28日、JR九州が発表した。

1975年のデビューから46年、長崎では20年走り続けたキハ66・67形のラストランを記念し、同社は記念乗車券や車両部品の発売、Twitterを利用した「おもいで投稿キャンペーン」等を行う。

記念乗車券、プレミアム版も

『キハ66.67形引退記念乗車券』台紙表紙イメージ
『キハ66.67形引退記念乗車券』台紙内面イメージ
記念乗車券 券面イメージ

『直方駅から660円』『長崎駅から760円』の2枚の乗車券を台紙にセットした『キハ66.67形引退記念乗車券』は、発売価格2,000円で6月14日~7月13日まで発売。発売箇所は諫早駅、長崎駅、早岐駅、佐世保駅の4駅の『みどりの窓口』で、郵送による申込も受け付ける。

『キハ66.67形引退記念乗車券』に車両部品や映像、ボールペンがセットになったパッケージングBOX『キハ66.67形引退プレミアム記念乗車券』も30セット限定で発売する。価格は15,000円で、専用フォームからの申込のみ受け付ける。

パッケージングBOXイメージ

キハ66・67形の車両部品は、JR九州商事のオンラインショップ『九州の旅とお取り寄せ』内特設ページで期間限定販売を行う(特設ページは6月17日14時以降にご確認のこと)。同社の公式インスタグラム「jrkshoji」でも随時最新情報を公開するという。

またTwitterでは思い出の写真やメッセージを募集する。JR九州長崎支社公式Twitter「ハッケン君」をフォローし、指定のハッシュタグを付けて投稿すると、「アカウント名」入りで駅やキハ66・67形の車内への掲出等、ラストラン企画に活用される。募集期間は本日5月28日~6月13日まで。

鉄道チャンネル編集部
(写真:JR九州)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです