鉄道チャンネル

ニュース近畿

2017.04.21

JR新大阪駅2階に「旅弁当駅弁にぎわいアルデ新大阪店」4月28日オープン

関西への出張・旅行から戻る前、“最後のTHE大阪”を体感できるスポットが新大阪駅に誕生します。JR新大阪駅2階アルデ新大阪内「旅弁当駅弁にぎわいアルデ新大阪店」。4月28日にオープンします。

この旅弁当駅弁にぎわいアルデ新大阪店は、エキマルシェ新大阪にある旅弁当駅弁にぎわいの2号店という位置づけです。1号店は、「北は稚内、南は鹿児島中央まで、全長17mのロング・ショーケースに全国各地の駅弁が100種類以上がズラリ。 期間ごとに内容が変わる実演販売コーナーでは、駅弁ブランドの料理人を店舗に招き、その場で調理。輸送上、現地から離れた地では販売不可能な有名駅弁などを販売でき、普段味わうことのできない、できたてのおいしさを提供。選ぶ楽しさ、見る楽しさ、味わう楽しさがいっぱい詰まった店舗」と同社。

4月28日にオープンする旅弁当駅弁にぎわいアルデ新大阪店は、大阪名物のタコ焼き・串カツを中心に、人気の食材を集めた「幕の内弁当」や、ウニ・カニ・イクラを敷き詰めた「海鮮たっぷりのお弁当」、銘柄牛を使ったガッツリ食べ応えのある「お肉のお弁当」など、さまざまな商品ラインナップをそろえます。

運営は、JR西日本エリアのレストランやカフェを手がけるジェイアール西日本フードサービスネット。「さまざまな駅弁のそのほか、ビールやおつまみ、ちょっとした手土産にうれしい大阪ご当地レトルトカレーも取りそろえ、思わず立ち寄りたくなるお店をめざします」と同社。「おすすめ商品は『なにわ御膳』(850円)。大阪名物の串カツ、たこ焼き、焼き肉に、関西風のだしのしみ込んだ、芋・たこ・なんきんの煮物など『なにわの味』がぎゅぎゅっと入ったお弁当です」とも伝えています。

同社は、Drip-X-Cafe(新大阪エキマルシェ)や、からふね屋珈琲 各店、デリカフェ・キッチン 各店、エスタシオンカフェ 各店、Cafe&Bar DEUR(新大阪駅構内3F)などを展開しています。

TAGS


LINEで送る