マルチプルタイタンパーの前で記念撮影(写真:西武鉄道)

西武鉄道は2024年6月1日(土)に入場無料・完全事前申込制のイベント「西武・電車フェスタ2024 in 武蔵丘車両検修場」を開催します。

埼玉県日高市にある同社最大の検修施設で行われる恒例のイベント。今年は西武秩父線の開通55周年を記念し、同線で長い間活躍していた5000系特急電車やE851機関車、101系のモックアップを展示します。

セメント輸送用に新製された私鉄初のF級電気機関車「E851」。かつては西武秩父線を象徴するような存在でしたが、1996年に役目を終えています(写真:西武鉄道)

また001系特急「ラビュー」(Laview)の運行開始5周年を記念し、マスコットキャラクター「らびゅーくん」が登場。お披露目会・記念撮影会が行われます(※撮影会は西武鉄道キッズクラブ会員限定)。

ADVERTISEMENT

会場内では電車の台車入れ作業を実演するほか、大型保線機械「マルチプルタイタンパー」の展示、トラバーサーの乗車体験なども実施。例年通り、ファミリーで楽しめるイベントとなるでしょう。

交通アクセス手段も充実。当日は武蔵丘車両検修場まで直通運転する列車を3本運行するほか、一部特急列車の高麗駅臨時停車、飯能駅~高麗駅間で臨時列車の運行を行います。

来場者には秩父線55周年を記念したステッカーや西武鉄道ノベルティをプレゼント。参加申込の詳細は後日、西武鉄道Webサイトのインフォメーションや西武線アプリで公開される予定です。

【関連リンク】