国営昭和記念公園(立川市・昭島市)では、180万本のネモフィラが見頃をむかえているようです。

園内には180万本のネモフィラが!

花の丘に咲く180万本のネモフィラ(4月25日撮影)

昭和記念公園の中にある180万本のネモフィラが見頃を迎えています。
2024年は開園40周年を記念して、植栽場所をハーブの丘から花の丘に変更し、その本数も大きく増やしており、晴れた日はネモフィラブルーと青空の重なりが美しい風景を作り上げています。
この景色はゴールデンウィーク終盤までご覧いただける予定で、これを活かしたフォトスポットでの写真撮影やシャボン玉を使った演出、飲食メニューなども合わせてお楽しみいただけます。

ネモフィラの可憐さを活かしたイベントを実施

①フォトスポットの設置
今年はネモフィラブルーを海に見立てた新しいフォトスポット「ボート」が設置されました。
ボートに乗って撮影していただくことができますので、アイデア次第で自分だけの特別な写真を撮ることも可能です。このほかにも、安定した人気を誇る青と白のツートンカラーのドアや白いブランコ、架空の駅    「国営昭和記念公園駅」の駅名標など、多彩なスポットで写真撮影が楽しめます。

新登場の「ボート」

ADVERTISEMENT

②開園40周年特別企画「ネモフィラ×シャボン玉のフォトジェニックタイム」
4/27(土)・28(日)の2日間限定のシャボン玉を使った演出で、写真のような幻想的な風景をお楽しみいただけます。
ネモフィラとシャボン玉が織りなす風景を写真に収めるチャンスで、写真映えすること間違いなしです。
時間: ①10:30~11:00、②12:00~12:30
場所: 園内 花の丘
参加費 無料
(雨天中止、三脚を使っての撮影はご)遠慮いただきます

ネモフィラと一緒に楽しみたい公園映えグルメ

公園内の売店、レストランでは、ネモフィラにちなんだ公園映えグルメも半場推されています。花とともにお楽しみいただけます。
●食べるネモフィラの丘氷(700円) 販売場所:こもれびの里休憩所特設売店

食べるネモフィラの丘氷

●ぱちぱちブルーソフト(750円)販売場所:ふれあい広場レストラン

季節の花たちの開花リレーを楽しむ「フラワーフェスティバル営2024」を開催中

現在、公園では、季節の花たちの開花リレーを楽しむ「フラワーフェスティバル2024」を、5/26まで開催しています。4/25現在でネモフィラのほかにも、フジ、ボタン、ツツジなどが見頃を迎えています。

【国営昭和記念公園へのアクセス】
JR中央線・南武線 立川駅(徒歩約18分)、JR青梅線・西立川駅(歩いてすぐ)、JR青梅線・東中神駅(徒歩約10分)
多摩都市モノレール 立川北駅(徒歩約8分)
西武拝島線 武蔵砂川駅(徒歩約20~25分)

※公園の有料区には5つのゲート、3つの駐車場があります。 目的地に合わせて、ゲートや駐車場をお選びください。 みどりの文化ゾーン(無料区)に車でお越しの場合は、立川口駐車場をご利用ください。
JR立川駅北口 バスターミナル 2番乗り場からの路線バスもご利用いただけます。

ゴールデンウィークを東京都内で過ごされる方は、国営昭和記念公園の散策も良いのではないでしょうか。かなり広い公園ですので、休憩をゆったりとりながら楽しんでください。

(鉄道チャンネル)

【関連リンク】