列車走行位置サービス対象エリア拡大――JR西日本

2020.02.20

列車走行位置サービス対象エリア拡大

列車走行位置サービス(2/28~)

JR西日本は2月28日(金)より列車走行位置サービス(※)の対象路線を拡大します。対象線区は和歌山線(王寺~五条)、万葉まほろば線(奈良~高田)、因美線(鳥取~智頭)です。

※……列車走行位置専用ページ、または列車運行情報アプリからアクセスすると、在線位置情報や列車ごとの遅れ時分などの運行に関わる情報を確認することができます。

異常時情報提供ディスプレイ対応言語追加(2/20~)

また本日2月20日(木)より、駅に設置している「異常時情報提供ディスプレイ」で表示する主要案内文に、新たに中国語(繁体・簡体)、韓国語を表示します。

中国語(繁体・簡体)、韓国語を追加

ホームページの運行状況告知路線図対象エリア拡大(2/20~)

JR西日本のホームページでは列車の遅れなどが発生した際に運行状況、影響区間、運転再開見込みなど運行に関わる情報を路線図で確認できるようになっていますが、こちらも本日20日より岡山・福山エリア、広島・山口エリア、山陽新幹線、北陸新幹線が追加されます。

PC、スマートフォンどちらでも確認可

鉄道チャンネル編集部
画像:JR西日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです