大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発の名阪特急、全て「ひのとり」に 2月13日から

2021.01.08

画像:近畿日本鉄道

近鉄は2021年2月13日(土)より、大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発ほか、土・休日の停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運転すると発表した。

今回の変更で平日の大阪難波駅18時発、名古屋駅14時発、土休日の大阪難波駅6時・12時・17時20分・18時20分発、名古屋駅9時・15時・16時・21時発が「ひのとり」に。

画像:近畿日本鉄道

同時に1日17往復運転している大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発などの主要駅に停車する名阪特急は、すべて「アーバンライナー」での運転となる。名阪甲特急は「ひのとり」、名阪乙特急は「アーバンライナー」で統一するかたちだ。

「ひのとり」は2020年3月にデビューした近鉄の新型特急。日本初となる全席バックシェルを採用し、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトにワンランク上の快適さを提供する。同社によれば、コロナ禍においても2020年度上半期のプレミアム車両乗車率は約7割という。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです