新大阪―熊本が約半額! 山陽 九州 新幹線 相互直通10周年「記念スーパー早特21」2/12発売

2021.01.08

2011年3月、九州新幹線 博多~新八代 が開業し、山陽新幹線と相互直通運転(新大阪~鹿児島中央間)を開始してから、ことし3月で10年―――。

JR九州とJR西日本は、山陽・九州新幹線相互直通10周年「記念スーパー早特21」を発売。設定区間は新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~熊本・鹿児島中央。新大阪~熊本は、通常価格のおよそ半額に。

「記念スーパー早特21」の設定期間は2月12日~4月25日。それ以外の期間は「スーパー早特21」が適用される。発売期間は、1月12日~4月4日。乗車日の1か月前10時から21日前まで発売する。

価格は、新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~熊本が1万円(通常価格1万9200円、スーパー早特21価格1万2220円)、新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~鹿児島中央が1万2000円(通常価格2万2630円、スーパー早特21価格1万3420円)。

同きっぷは、JR西日本ネット予約 e5489 と、JR九州インターネット列車予約サービスで発売。また、JR西日本ネット予約 e5489 限定発売の山陽・九州新幹線相互直通10周年「記念スーパー早特21」では、新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)~博多(福岡市内)・小倉(北九州市内)も設定され、価格は1万円(通常価格1万4720円~1万5600円)。

設定区間の のぞみ みずほ さくら などの普通車指定席が利用できる。熊本・鹿児島中央駅発着で のぞみ を利用する場合は、博多駅で乗り継ぎ。

予約には、JR西日本の J-WESTネット会員、またはJR九州の JR九州Web会員 への登録が必要。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです