横浜シーサイドラインで行く快晴土曜日の八景島に巨大鉄道企業のバックストーリー

2021.12.11

12月11日 土曜日。関東はみごとなブルーの冬空、快晴。

JR京浜東北線 新杉田駅から工業地帯を抜け、八景島の海沿いを空中散歩し、京急 金沢八景駅へと結ぶ鉄道 横浜シーサイドラインに乗って、仕事現場に行ってみた。

9時台の金沢八景行きは、新杉田駅から座席がほぼ埋まり、立席客がいるほど。快晴の土曜日とあって、沿線の一大ウォーターパーク 横浜・八景島シーパラダイスへ“一番乗り”する10代・20代カップルやグループ、ファミリーたちで車内はにぎやか。

工業地帯を抜けて、八景島駅へと向かう手前で、前方にまっしろに雪をかぶった富士山がみえる。

観光客はみんな、「みてみて! 真正面に富士山が見える!」と横の友だちに伝えて、「わーっ!」と。

いま横浜シーサイドラインを走る車両は、総合車両製作所横浜事業所などでつくられた2000形。

ゆりかもめや日暮里・舎人ライナーなどと同じく、自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT Automated Guideway Transit)だから、ゴムタイヤ特有の走りと、ゴツン、ゴツンという高架橋の継ぎ目を拾っていく音がおもしろい。

画像↑↑↑は八景島駅に入る手前の風景。八景島シーパラダイスを背にして軌道をみている感じ。

こんな海辺を行くから、金沢八景の湾越しにみえる富士山も絶景。見事な山容で、撮影するのを忘れたほど。

画像↓↓↓は、横浜・八景島シーパラダイスの散歩道。

ここ横浜・八景島シーパラダイスは、実は西武鉄道や西武バスをはじめ、プリンスホテル、西武園ゆうえんちなどと同じく、西武グループの施設。

一部のアトラクションには西武イズムともいえる絶叫コースターもある。

そこでどうして京急線の沿線エリアに、西武グループの施設があるか。

ここ八景島は、横浜市が人工島として八景島を造成し、その一部を横浜八景島という企業に貸し付けるかたちで横浜・八景島シーパラダイスを運営・管理し始めたのがルーツ。

その横浜八景島という企業が、西武グループの一員。同社はこのシーパラ運営・管理ノウハウを得て、2015年からは仙台うみの杜水族館、アクアパーク品川などへと横展開させている。

ちなみに、この横浜・八景島シーパラダイスにこの春登場した「バブルシューティング」「バタフライダー」「フライトイーグル」は、2020年8月31日に94年間の営業を終え閉園した「としまえん」から、ここシーパラにやってきたアトラクション。

この3つの乗り物は、西武グループだからこそできた譲渡ということで、マニアの注目を集めている。


LINEで送る

オススメ記事