京急線とJR線に微妙な距離がある駅、そのJR駅側で体感した熱々ビーフ&黄金ビール

2021.12.11

真冬に逆光の横断歩道をみながら、あったかいバールのなかで冷たいビールをやるのは幸せだ―――。

いまそう想うここは、根岸線(京浜東北線)・横浜シーサイドライン 新杉田駅前。12月11日、昼過ぎ。

ここ新杉田駅の周辺は、不動産価格もやや高めで、「横浜を中心に暮らしたい」という人たちが注目するエリア。

JR根岸線(京浜東北線)と横浜シーサイドラインが接続するほか、ちょっと歩くと、京急線 杉田駅も使えるってことで、アクセス性を優先する人たちに人気の街。

京急線とJR根岸線(京浜東北線)の2路線を使えるローカルな街は、新杉田駅のほかに探してみると、これが意外と微妙な2社駅間の距離があったりする。

新杉田駅も同じく、京急杉田駅までは歩いて10分。600メートルほどある。

でもこの両駅間600メートルが、アツい!

JR根岸線と横浜シーサイドラインの新杉田駅と、京急線 杉田駅の間、600メートルの間にある商店街が、ぷらむろーど杉田商店街。

この商店街が、アツすぎる!

昼から店を開けてる立ち飲み屋があれば、新進気鋭の唐揚げショップが軒を連ねてたり。居酒屋の店舗数も半端ない。

もちろん、そこの暮らしに根ざした雑貨店や金物屋もある。行き交う人たちも老若男女いろいろ。でもみんなの表情をみてると、過ごしやすそうな雰囲気。

この日、京急杉田駅とJR新杉田駅の間を、この ぷらむろーど杉田商店街 を1往復してみて、「入りたいけどまだ昼の12時過ぎだし」と迷ってあきらめた結果……↓↓↓

スーッと入れた店が……

新杉田駅前の「BEEF KICHEN STAND」(ビーフキッチンスタンド新杉田)。

その至福感が、これ↓↓↓

ランチも安いし、昼から冷たいビールをあたたかい店内でやれるし、真冬の横断歩道を行き交う人たちを、逆光気味にながめながらひとり乾杯できるし。

なにより、おひとりさまサイズで熱々の品がいろいろ選べるのもいい。

たとえば、この画像↓↓↓の50グラム鉄板焼ステーキは、290円! 大山鶏のアヒージョも190円! これまた熱々で塩加減もばつぐん。

たまたま出会ったビーフキッチンスタンド新杉田、京急杉田とJR新杉田を行き来するとき、30分でも時間があったら、チェックしてみて!


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです