泉北高速鉄道全駅に「発車メロディー」導入へ 向谷実さん作曲

2022.03.17

泉北高速鉄道 車両イメージ(写真:のりえもん / PIXTA)

泉北高速鉄道は2022年3月26日(土)初列車より、全駅に「発車メロディー」を導入する。制作は向谷実さん。フュージョンバンド「カシオペア」の元メンバーで、JR九州などで鉄道関係の音楽を手掛けている。

楽曲は各駅をイメージしたもので、上りは「朝の通勤時間帯や大阪方面への移動を軽やかに感じていただけるメロディー」に、下りは「都会的な雰囲気のメロディー」に、中百舌鳥2番線は「さぁいざ、泉北高速鉄道へ!」という気持ちを込めて仕上げた。上り下りともに一駅一駅がつながっていくように制作しているという。

※和泉中央駅、光明池駅は既存メロディーを変更する。
※中百舌鳥駅2番線は2022年4月以降導入予定。

また3月24日(木)初列車より、中百舌鳥駅を除く各駅改札口付近に55インチサイズの「情報案内ディスプレイ」を設置する。

画像:泉北高速鉄道

通常時は同社のサービスやマナー啓発に関する情報、列車位置情報などを、異常時は原因や遅延情報、振り替え輸送情報などを表示する。


LINEで送る

オススメ記事