6/19 父の日は郵送検査キット mierukara をプレゼント! 病院と同等の自宅検査で「父への感謝の想い」を届けよう

2022.06.04

6月19日は父の日。母の日の「カーネーション」と違って、父の日にはなにを贈るか、意外と悩む。

そこで、いま注目を集めているのが、自宅検査キットを贈るトレンド。

なかでも郵送検査キット「mierukara」(ミエルカラ/H.U.ウェルネス)が、バラエティな検査種類をそろえていて注目を集めていて話題に。

ニーズにマッチした検査を病院と同水準で手軽に受けられる「mierukara」

H.U.ウェルネスの郵送検査キット「mierukara」(ミエルカラ)は、長い歴史と実績を誇る自社の検査センターである、ファセリア臨床検査センターで精度の高い検査で知られる。

「mierukara」は、健康診断などの一斉に実施される画一的な検査だけではカバーしきれない項目も含め、自身の気になるリスクに対応した種類豊富な検査キットを取りそろえ、その人その人にとって必要な項目をピンポイントに選んで利用できる点がうれしい。

オンラインで購入、採取・返送・検査・結果郵送の5ステップ!

「mierukara」は、オンラインで購入、採取・返送・検査・結果郵送のかんたん5ステップ。

オンラインで購入後、検査キットが3~7日で自宅に到着。あとは都合のいいときに自分で検査内容に応じた検体をかんたんな操作で採取して、ポストに投函するだけ。

約2週間で自宅に検査結果が届き、検査結果は WEB で確認ができるうえ、検査結果の不明点、普段気になっている身体のことや健康の不安など、看護師・保健師の資格をもつコンシェルジュに電話で相談できるサービスもあってうれしい。

陽性・疑陽性がでた人には、住んでいる地域の病院を案内してくれる。

―――そこで、お父さんにおすすめの「mierukara」郵送検査キット6選をピックアップ↓↓↓

肺門部肺がん検査 3070円

早期では発見しにくく、呼吸を司る重要な臓器のため全部摘出して治療をすることが難しい「肺がん」。

とくに喫煙者は早期発見のためにも、定期的な検査が重要。検査は、喀痰の中にがんの疑いのある細胞があるかどうかを調べる。

肺がんのなかでも、レントゲンには写らない早期の肺門部(気管支周辺の肺)のがんを発見するため、痰(たん)のなかに異形細胞(がんの疑いがある細胞)があるかどうかを顕微鏡でくまなく探す。肺がんのなかでも、肺門部のがんについて調べる検査。

胃がんリスク検査(ペプシノゲン+ピロリ菌)4540円

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、胃の中でアンモニアが合成されて胃酸の分泌が高まる。

その結果、胃酸で胃の粘膜が傷つき、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こし、場合によっては胃がんまで進行するといわれている。

検査は、尿や血中に存在するヘリコバクター・ピロリ菌抗体を検出することで、現在あるいは過去に、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかがわかる。

また、同時に血液を検体として胃がんへと進展することもある萎縮性胃炎を発見するために、血液中のペプシノゲン濃度を測定してくれる。

大腸がんリスク検査2日法 1970円

大腸がんとは、盲腸からS字結腸にかけてできる「結腸がん」と、直腸から肛門にかけてできる「直腸がん」の総称。

検査では、便中に血液が混在しているかどうかを、血液の成分「ヘモグロビン」と「トランスフェリン」を測定。

ヘモグロビンに比べ、トランスフェリンは熱や時間経過などの環境の変化でも老化しにくいので、より正確に微量の潜血でも調べることができる。

二日分の便を使用し、より精度の高い検査を行っていく。

前立腺がん検査 2470円

前立腺がんは男性特有のがんで、前立腺液(精液の一部)を分泌する前立腺の病気。

発症率は増加傾向にあるものの、治癒率が高いがんでもある。

検査は、前立腺が肥大したり、前立腺がんになると増加するPSA(前立腺特異抗原)が、血液中にどれだけ含まれているかを測定。前立腺がんの疑いを検査する。

糖尿病リスク検査 1590円

「尿蛋白」は腎臓で処理されているはずの蛋白が尿に出ている。

「尿糖」は血糖値がある一定以上になると、腎臓から糖分が出てくる。「尿アルブミン」はなかなか症状の出にくい腎症を早く見つけることができる成分。健康診断等では検査していない。

検査は、尿蛋白リスク検査、尿糖リスク検査、尿アルブミンリスク検査を行う。

生活習慣病検査(メタボリック症候群)8980円

人の臓器はいろいろな機能を有する数多くの細胞で構成されている。

その細胞が障害を受けたとき、細胞が破壊され、その臓器特有の物質が血液中、血液に流出し、健康な時の値(正常値)から大きく外れる。

血液の成分を測定することにより肝機能、腎機能、脂質、痛風、糖代謝の機能状態を判定し健康状態を推定できる。

食べ過ぎや飲みすぎが気になり、健康診断や人間ドックに行けていない人におすすめ。

検査では、血液の尿酸、総コレステロールといった血液中の成分を測定することで、体内にある各臓器の機能状態を検査し、健康状態や疾患のリスクを推定する。

―――ますますニーズが高まる、こうした自宅検査キット。気になる人は、mierukara 公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://mierukara-hugp.jp