構内に0キロポストが【私鉄に乗ろう81】東武鉄道 その5

2019.03.19

線路が無闇に並走しています。

またシザーズ・クロッシング。

北千住駅が近い様です。

牛田駅から1.1kmで北千住駅。

東武鉄道は1899年(明治32年)北千住駅から久喜駅までが開業して始まった鉄道。構内に0キロポストがあるはずです。駅自体は、東武鉄道開業の3年前、日本鉄道土浦線の駅として開業しています。日本鉄道は1906年(明治39年)に国有化され常磐線に改称されました。先日、生まれて初めて常磐線北千住駅で降りました。今回は伊勢崎線で初めて下車しました。東京メトロの千代田線が常磐線と相互直通運転、日比谷線は伊勢崎線との相互直通運転、つくばエクスプレスも乗り入れている駅です。1階ホーム(1〜4番線)に到着しましたが、各駅停車南栗橋行は3階ホーム5番線からの発車。

3階ホームの駅名標。ラインカラーは東京スカイツリーラインのオレンジ。東京メトロ日比谷線と日比谷線から伊勢崎線に直通する各駅停車のホームです。

各駅停車南栗橋行が来ました。東武鉄道70000系は、2017年に登場した新型車両。東京メトロ日比谷線直通用7両固定編成、操舵台車を装備しています。

70000系の運転台。

高架線から下って荒川放水路橋梁を渡ります。

内側(右側)は各駅停車の走る緩行線です。橋の向こうに駅が見えます。

では、【私鉄に乗ろう 81】東武鉄道 その6 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS 東武


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです