京急川崎駅の「パタパタ」が2月中旬に引退 35年の歴史に幕

2022.01.12

京急川崎駅設置の「パタパタ」案内表示装置(画像:京急電鉄)

京急電鉄は2022年2月中旬予定の更新工事に伴い、京急川崎駅ホームの「パタパタ」発車案内装置の使用を終了する。

音をたてながら表示を変えていく、レトロ感のある「パタパタ」――正式名称は「フラップ式列車発車案内表示装置」という。文字を印刷した薄い板をパタパタと回転させながら行先や種別等を案内するもので、同種の表示装置は鉄道駅や空港などで広く使われていた。

京急線では1986年12月25日に京急川崎駅に初めて導入され、他駅にも展開されたが、時代の流れとともにLED表示式へ取り替えられた。京急川崎駅ホームでの使用を終えることで、京急線における「パタパタ」はその35年間の歴史に幕を閉じる。

京急電鉄は「パタパタ」の引退にあわせ、「パタパタ」発車案内装置を再現した「『パタパタ』発車案内装置引退記念乗車券」を発売。また京急EXイン宿泊つきの引退記念特別ナイトツアーや記念グッズの販売を行う。販売日時や申込方法など詳細は京急電鉄ホームページに掲載。

「パタパタ」発車案内装置引退記念乗車券イメージ (画像:京急電鉄)

「長年ホームから電車をご利用のお客さまを見守り続けてきた「パタパタ」発車案内装置からの最後のメッセージをお受け取りください」(京急電鉄)


LINEで送る

オススメ記事