新潟車両センターで143系×115系湘南色の撮影会 1月29日実施

2022.01.12

143系「クモヤ143-51」と115系「N38」編成(写真左)/交検庫(写真右) 画像:JR東日本新潟支社

JR東日本新潟支社は2022年1月29日(土)、在来線の車両基地である「新潟車両センター」にて有料の車両撮影会イベントを開催する。

撮影対象は構内入換用の牽引車として使用される事業用車両、143系「クモヤ143-51」。同じ「湘南色」で活躍する115系「N38」編成(3両編成)と連結し、「交検庫」(こうけんこ)と呼ばれる屋根のあるメンテナンス施設へ留置する。

イベントは同日9:40~、12:40~、14:40~の3部制になっており、撮影時間は各回60分程度を予定。撮影会ではパンタグラフの昇降および標識灯の切替を行う。また前頭にある行先字幕の表示内容については、開催当日に要望を受ける。

参加費は一人9,980円(大人・子供同額)で、小学生以上限定。各部10名を上限に、JRE MALL「JR東日本 新潟支社」店で参加権を販売する。

<販売期間>
2022年1月14日(金)12:00 ~ 1月25日(火)13:00
※売り切れ次第終了

「新潟車両センター」構内において鉄道車両の写真撮影に特化した「撮影会」形式のイベントを行うのは今回が初めて。同社は「必要により『三脚』などをご用意ください。『脚立』の持ち込みは禁止します」「季節柄、車両の屋根上や台車周辺等に雪が付着している場合があります」と呼び掛ける。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです