元鉄道院403号機関車、芝浦工業大学附属中学高等学校へ 2022年11月より一般公開

2022.04.11

公開展示予想図(芝浦工業大学附属中学高等学校 校地)(画像:芝浦工業大学)

芝浦工業大学は2022年4月11日、芝浦工業大学附属中学高等学校100周年記念事業の一環として、西武鉄道から「元鉄道院403号機関車」の寄贈を受けることが決まったと発表した。

同校は鉄道省の日本鉄道開業50周年記念事業の一つとして、1922(大正11)年、東京市麹町区に「東京鐡道中学」を前身として開校、今年100周年を迎える。元鉄道院403号機関車は、2022年11月より新豊洲校地で一般公開するという。

元鉄道院403号機関車は1886(明治19)年、英国のナスミスウィルソン社で製造。鉄道院時代に403号機として走行し、のちに西武新宿線の前身である川越鉄道で活躍した。

1960年代の廃車後は埼玉県所沢市の「ユネスコ村」で保存されていた。閉園後は西武の横瀬車両基地へ移り、鉄道イベントで公開されたこともある。


LINEで送る

オススメ記事