東武、新型スペーシアのインテリアやシートデザインを発表!もはや「走るスイートルーム」!?

2022.04.25

この贅沢な空間は、なに……?

実はこれ、東武鉄道が2023年に導入する「特急スペーシア」新型車両の6号車先頭部にある最上級シート。さながら「走るスイートルーム」のような空間は、プライベートジェットをイメージしてデザインしたものだそう。

東武鉄道は今日25日、新型スペーシアの「インテリア」および「シートバリエーション」を発表した。シートは全部で6種類。利用者はこの「コックピットスイート」や、カフェカウンター併設の「コックピットラウンジ」などから、旅行スタイルに合わせて座席を選べるようになっているそうだ。

新型スペーシア「N100系」の多様なシートバリエーション

6号車には「コックピットスイート」(7名個室)と「コンパートメント」(4名個室×4)、反対側の1号車は「コックピットラウンジ」(20席)にカフェカウンターを併設。2号車は「プレミアムシート」(35席)、3~5号車は「スタンダードシート」(3号車56席/4号車56席/5号車18席)となっており、5号車には「ボックスシート」(4席)も備わる。座席数は合わせて212席。

6号車「コンパートメントルーム」(浅草方面)

6号車は現行のスペーシアを継承し、コンパートメントルームに。車両先頭部には最大7名まで利用出来る最上級の「コックピットスイート」を用意した。

6号車「コックピットスイート」

「コックピットスイート」は前面や側面窓から広々とした展望が楽しめる贅沢空間。個室の広さは11平方メートルで、東武鉄道によればこれは私鉄特急最大だそう。

デザインコンセプトはすでに記した通り、プライベートジェットをイメージした「走るスイートルーム」――「モダンでありながら温もりを感じられるくつろぎの空間を提供」するという。

飾り照明も日光東照宮の陽明門の柱に刻まれた「グリ紋」を想起させるデザインにすることで、車内から日光らしさを演出した。

「コンパートメント」は4名個室で、6号車に4室用意されている。コの字型のソファーと可変テーブルを採用することで、利用者の構成や目的・気分に合わせたレイアウトも可能。

6号車「コンパートメント」

1号車「コックピットラウンジ」(東武日光方面)

1号車「コックピットラウンジ」
1号車「コックピットラウンジ」

1号車は「コックピットラウンジ」。6号車の「コックピットスイート」と同じように広々とした眺望が楽しめる。ソファーは4人掛け、2人掛け、1人掛けをそれぞれ用意しており、様々なグループ形態に対応できるようにした。座席は全部で20席。カフェカウンターも併設した。

1号車に併設された「カフェカウンター」

コンセプトは「時を超えるラウンジ」ということで、現存する日本最古のリゾートホテル「日光金谷ホテル」や、日光に残る大使館別荘をモチーフに気品高く落ち着きのある空間を提供する。

2号車「プレミアムシート」

2号車「プレミアムシート」

2号車は2+1列配置の「プレミアムシート」に。現行のスペーシアより広いシートピッチ120センチに、東武鉄道としては初めてとなる電動リクライニングやバックシェルを備える。

2号車「プレミアムシート」

座席には大型インアームテーブルや読書灯も搭載し、観光・ビジネス利用とともにワンランク上の乗車感を提供する。

3~5号車「スタンダードシート」

3~5号車「スタンダードシート」

「スタンダードシート」は現行スペーシアと同じシートピッチ110センチ。ゆとりを持たせ、観光・ビジネス問わず利用できる。インアームテーブルや背面テーブルも備える。

3~5号車「スタンダードシート」

また5号車には「ボックスシート」も用意した。こちらは向かいあう2シートによる半個室となっており、プライベート性が高い。シートの横幅も約80センチとなっており、ゆとりのある広々とした空間に。

5号車「ボックスシート」

新型スペーシアは2023年導入予定

新型スペーシアの形式名は「N100系」。6両固定編成で24両(4本)の導入を予定している。運行区間は東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線 浅草~東武日光・鬼怒川温泉駅間。料金や運行概要等は決まり次第発表される。

(※画像は全て東武鉄道のリリースから)


LINEで送る

オススメ記事