懐かしの「東武浅草駅」看板モチーフのキーホルダーが話題に 商品化の可能性は……?

2022.05.13

画像提供:東武商事㈱

東武鉄道グループの東武商事㈱のTwitterアカウント(@tobuls_info)が2022年5月11日に投稿した、とある「試作品」の画像が大きな反響を呼んでいます。

このキーホルダーはかつて東武浅草駅に掲出されていた看板をモチーフとしたもの。同駅は2012年にリニューアルされており、この看板も撤去されています。かつての姿を知る人には懐かしい一品ではないでしょうか?

当該ツイートは5月13日時点で引用含め3000件近いRT、さらに1万件以上の「いいね」を集めており、「欲しい!」「懐かしい」「浅草人は買わずにはいられない」などの声が寄せられています。反響について東武商事担当者にお尋ねしたところ、次のような回答をいただきました。

「想像以上のご反響をいただき、本当に驚いています。デザインの元になっている看板が撤去されてからかなり時間が経っているにも関わらず『東武浅草駅といえば、この看板』と多くの人に認識していただき、愛着を持っていただいていた事を改めて知ることができました。すでに現存しない看板ではありますが、グッズという形で残す意義と商品化への手ごたえを感じました」

また商品化の可能性については……

「商品化については社内検討中の段階でしたが、今回のツイートにたくさんのご反響をいただいたので、前向きに調整していきたいと思います」

と、期待の持てるお返事をいただきました。もちろん現時点ではあくまで「試作品」、どうなるかは分かりませんが、首を長くして待ちたいと思います。


LINEで送る

オススメ記事