【クイズ】ここでつくってる新駅は?

2018.11.27

【答え】
あした掲載の【クイズ】コーナーで

前回の答え】
敦賀港駅(欧亜国際連絡列車 発着駅)

◆かつてのヨーロッパへの最短路

敦賀鉄道資料館として利用されているこの建物は「欧亜国際連絡列車」の発着駅としてかつて重要な位置を占めていた敦賀港駅舎を再現したものです。敦賀港の歴史や観光のPR館として使用されています。

「欧亜国際連絡列車」は、明治45年6月から新橋‐金ヶ崎(後に敦賀港駅と改称)間で運行されていました。ウラジオストク直行の船に連絡し、ウラジオストクからはシベリア鉄道を経由してヨーロッパへと通じていました。

当時、日本からヨーロッパへの移動は、船を利用して1ヶ月もかかる長旅でした。欧亜国際連絡列車とシベリア鉄道経由のルートでは、東京-パリ間をわずか17日間で結び、多くの人々や文化を運びました。このことから敦賀はシベリア鉄道経由でヨーロッパと結ぶ玄関口だったといえます。

◆鉄道とともに歩んだ街・敦賀

敦賀は日本海側で最初に鉄道が敷かれた街です。昭和32年には国内では最初の本格的交流電化が完成、さらに昭和37年には、完成当時日本一、世界第5位の北陸トンネルが開通しました。敦賀はかつて日本海側の交通の要所として、鉄道と港とともに歩んできた街なのです。

(一般社団法人 敦賀観光協会)

…鋭い鉄視点で回答してくれたみなさんの解説が詳しい↓↓↓

【ヒント】
左の非電化線路はいま列車は走ってない

【これまでの出題 時系列順】
鉄道チャンネル クイズ

【みんなの声】
みなさん全員の答えを載せられず、ごめんなさい。
いつも鋭い鉄視点。ありがとうございます!
 
 


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです