千代田線全通・半蔵門線開通40周年記念展

2018.11.28

東京メトロ地下鉄博物館で開催

東京メトロは、地下鉄博物館で2018年12月11日(火)〜2019年1月27 日(日)にかけて開催される特別展「千代田線全通・半蔵門線開通 40 周年展」に協力します。

今回の特別展は、地下鉄千代田線が全線開通してから40年が経過し、また、営団地下鉄(現:東京メトロ)の7番目の路線として、地下鉄半蔵門線渋谷〜青山一丁目間が開業して40年を迎えたことから、建設に至る経緯や、開業後の状況などを当時の世相等を踏まえて、歴史年表やパネル等で紹介します。

《期間》
2018年12月11日(火)〜2019年1月27日(日)

《場所》
地下鉄博物館ホール

《展示内容》
①千代田線全通・半蔵門線開通までの経緯
千代田線・半蔵門線の計画から建設に至るまでの経緯や建設・車両などで用いた技術を紹介。

②40年間の移り変わり
1978年の千代田線全通・半蔵門線の開通によりどのような変化をもたらしたのかをパネルで紹介。
③千代田線・半蔵門線の豆知識
線名の由来や工事で出土した化石等を豆知識として
紹介。

④その他
千代田線・半蔵門線の模型展示と今昔写真をスライドショーで上映します。

地下鉄博物館、閉まる時間がちょっと早いので会社の帰りは難しいですけれど、週日にノンビリと観るのは楽しいですよ。

TAGS 東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです