【速報】京成電鉄 新型車両「3100形」公開

2019.10.10

新型車両「3100形」

京成電鉄は、10月26日より新型車両3100形の営業運転を成田スカイアクセスで開始します。

3100形と柏原

運転開始に伴い、本日3100形の報道公開が千葉県の宗吾車両基地にて行われました。

3100形 前面

京成電鉄の新型発表は16年ぶりで、京成グループ標準車両として「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに設計されています。

京成電鉄の車両初となるオレンジ色を採用
従来より拡大された側面行先表示器
成田山新勝寺(車体イラスト)
浅草雷門とスカイツリー(車体イラスト)
千葉県側からの富士山遠景(車体イラスト)

外観は、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを採用し、先頭形状に絞りや折りが取り入れられたほか、飛行機や沿線各所のイメージイラストが車体に描かれています。

急行灯

急行灯、尾灯は上部から降りてくるラインに合わせたシャープな形状で、空港への速達輸送を担う車両としてスピード感が表現されています。

3100形 車内
スーツケース置場と桜と菜の花がモチーフとなったシート

車内設備ではスーツケース置場としても利用できるよう、京成電鉄としては初めて座席の一部を折り畳み式とし、大型のスーツケースを3個程度置くことが可能となりました。

防犯カメラ
プラズマクラスターイオン発生装置

また、防犯カメラやプラズマクラスターイオン発生装置、フリースペースなども導入されています。

座席に座る柏原

後ほど動画で新型車両3100形をご紹介致します!
お楽しみに!!

(記事、写真:柏原美紀)

TAGS 新型車両 新型・更新 柏原美紀 京成


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです