EXサービス拡充で2021年春から東海道・山陽新幹線がもっと便利になるみたい

2020.02.20

JR東海とJR西日本は20日、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービスであるEXサービス(「エクスプレス予約」及び「スマートEX」)を拡充すると発表しました。

新しく利用できるようになるサービスは「訪日外国人向けQRコードによるチケットレス乗車サービス」「複数人で旅行する際の交通系ICカードを使ったチケットレス乗車サービス」「遅延発生時の指定席予約・変更サービス」の3点。いずれも2021年春頃のサービス開始を予定しています。

まずスマートEXの訪日外国人向けサービスでは、スマートフォンにQRコードを表示することで、交通系ICカードなしでもチケットレス乗車ができるようになります。

訪日外国人向けチケットレス乗車サービスイメージ

EXサービスを利用して複数人で旅行する場合、現在は代表者が駅で全員のきっぷを受け取る必要がありますが、今後は各自が交通系ICカードを使ってきっぷなしで乗車できるようになります。

遅延発生時、当該列車が乗車駅を出発していない場合は、その列車の指定席の新規予約や他の列車の指定席からの変更ができるようになります。また「EXアプリ」で予約した場合、当該の列車が10分以上遅れると見込まれる際は1時間以上前にプッシュ通知で連絡が入るようになります。

遅延発生時の指定席予約・変更イメージ

鉄道チャンネル編集部
サービスイメージ資料:JR東海


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです