閑静な住宅街です【駅ぶら04】西武園線04

2021.01.31

※2020年11月撮影

トップ画像は、西武鉄道西武園線西武園駅東側「はっけんのもり通り」の踏切から2番ホームの9108編成(元二代目L-Train)。西武園競輪場へ行った後、かなり時間が経っています。同じ編成が東村山駅と往復しているのですね。

西武園駅北口に戻って来ました。北口の上が道路になっています。

※2020年11月撮影

もう一つの北口は、その道路に沿う東側にありました。

※2020年11月撮影

出入口を出てすぐの右(南)側に西武バスのりばがありました。奥に西武園駅ホームが見えます。

※2020年11月撮影

右がバスのりば、正面の交差点、向こう側は都立八国山緑地の西端です。突き当たりの道を右に進みます。

※2020年11月撮影

右折する前にもう一度北口方面を振り返ります。右の道路をまっすぐ進むと多摩湖線西武遊園地駅です。盛り上がっている下を西武園競輪場側の北口が通っているのです。初めて歩いている人がいました。

※2020年11月撮影

交差点を右折して「はっけんのもり通り」を南に進むと50mほどで西武園線の踏切があります。

※2020年11月撮影

踏切から駅構内、2番ホームの電車。トップ画像はほぼ同じ位置から望遠レンズで写した写真です。

※2020年11月撮影

踏切が閉まって東村山行が出発してゆきました。しかし9108編成の特集みたいですね。(笑)

※2020年11月撮影

ホロンホロンと良い音がしました。ありゃありゃ、アストンマーチンDB11です。

※2020年11月撮影

DB11、5.2L12気筒版だったら2800万円くらいしますよ。「道具」としては右の軽自動車の方が遥かに秀逸ですが「玩具としての自動車」としては究極の姿です。素晴らしいエンジン音を残してあっと言う間に走り去りました。しかし2台のディメンションが極端に異なっているのが分かります。あまりこの2台を並べて見る機会はないですからね。

※2020年11月撮影

踏切から東村山駅方面。

※2020年11月撮影

「はっけんのもり通り」には喫茶店とクリーニング店。

※2020年11月撮影

その先には商店などは見あたらない様です。

※2020年11月撮影

右に西武園駅を見ながら坂を登ります。閑静な住宅街です。

※2020年11月撮影

駅がよく見えます。

※2020年11月撮影

西武園駅南口のバリアフリー用スロープがあります。遠くに観覧車。

※2020年11月撮影

南口の跨線橋。

※2020年11月撮影

では駅に戻ります。

※2020年11月撮影

駅に戻る途中、老夫婦とすれ違いました。西武園駅の周辺で見かけた人物は彼等を含めて3人。平日の正午近くですが、ちょっと淋しい。

※2020年11月撮影

ホームに降りて待っていると、また9108編成がやってきました。

※2020年11月撮影

これで西武園線の【駅ぶら】は完了です。次回は、他の西武鉄道線とは繋がっていない西武鉄道多摩川線に乗ります。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです