京都鉄博で「藍よしのがわトロッコ」特別展示 2~3月

2021.02.08

藍よしのがわトロッコ 写真:鉄道チャンネル編集部

2020年に運行を開始したJR四国の「藍よしのがわトロッコ」が、京都鉄道博物館に特別展示されることになりました。同館がJR四国所属の車両を展示するのは、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」「志国高知 幕末維新号」に続き今回で3回目となります。

【展示期間】
2021年2月20日(土)~3月16日(火)
※休館日除く

【展示場所】
本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア

【展示車両】
「藍よしのがわトロッコ」のキクハ32-501ならびにキハ185-20

入線は2021年2月19日(金)開館時間中に行う予定ですが、入線セレモニーの実施予定はありません。

車内見学や徳島県PRイベントも実施

車内に立ち入ることはできませんが、「藍よしのがわトロッコ」の車外に設置したステップから車内を閲覧できる車内見学イベントも開催します。ステップを設置した反対側の車外に沿線の風景を再現したパネルを設置することで、運行時の車窓を感じられるよう工夫されています。

また、2月20日(土)・21日(日)・3月15日(日)の11:00~16:00には、同エリア内で徳島県による物産展やJR四国によるグッズ販売を実施。その他にも、展示期間中に徳島沿線を中心にポスターやパンフレットなどで同県の魅力を紹介していきます。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです