新幹線ドクターイエローの在来線版、時刻表にない路線を行く

2021.02.28

総武線 新小岩駅から蔵前橋通りを歩いて30分。新中川を渡る総武線の鉄道は、このあたりに2本ある。

1本は、各駅停車や快速が走る総武線。もうひとつはこの画像↑↑↑ 総武線の支線、新小岩と常磐線 金町を結ぶことから新金線とか新金貨物線といわれている。

画像と動画↓↓↓は2月27日、東京都葛飾区奥戸6丁目付近の新中川河川敷からみえた風景。

中川放水路橋梁を行く白い電車は、JR東日本 勝田車両センター所属 E491系 East i-E(イーストアイ イー)。

East i-E は、新幹線ドクターイエローの在来線版ともいえるくるまで、JR東日本の電気・軌道総合検測車のひとつ。交流・直流の両区間を走ることができる。

この日は常磐線や新金線を検測

この日、E491系 East i-E は、尾久・上野から常磐線を検測、南流山などを経て金町から総武線支線 新金線に入り、新小岩へ。

新小岩から折返して再び新金線を走り、松戸へとむかった。画像・動画は、金町から新小岩へと行くワンシーン。

この日のE491系3両編成は、中川放水路橋梁を通過するとき、前2つのパンタグラフを下げ、中間車 モヤE490-1 のシングルアームパンタグラフと、後部車両のクロスパンタをあげていた。

―――一日数本の定期貨物列車が走る総武線支線 新金線。この中川放水路橋梁には、動画でみえるように、もう1線ぶん線路が敷ける橋台が残っている。

この先、金町方では、複線ぶんの線路スペースが残っている地平部分もある。総武線 新小岩と常磐線 金町の間を結ぶ新金線をたどって歩くと、両駅間は2時間ほど。

◆East-i が架線金具良否をAI自動判別、2021年度から在来線に導入_インテグレート架線や線路設備モニタリング装置なども拡充
https://tetsudo-ch.com/10987444.html

◆JR東日本 East-i にAI自動判定システムを搭載、営業車両でモニタリングも検討
https://tetsudo-ch.com/9881483.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです