西武4000系で池袋発 座席夜行の旅「奥武蔵51号」9月運行 特別な周遊経路を運行、夜鳴きそば販売もあるぞ!

2022.07.28

西武鉄道4000系車両

西武鉄道・秩父鉄道・日本旅行の三社共同で、ノスタルジックな首都圏発夜行列車ツアーが企画されました。

ツアータイトルは「臨時夜行急行『奥武蔵51号』西武鉄道線周遊・秩父鉄道線周遊 西武秩父行の旅」――かつて庶民の安価な長距離移動手段として親しまれた往年の「座席夜行列車」を、西武4000系で再現するというものです。旅行期間は2022年9月17日(土)~18日(日)の1泊2日の設定です。

往年の座席夜行列車を再現
4000系車内、長距離列車のシンボルであるクロスシートが並びます

夜行運行での西武鉄道から秩父鉄道への乗り入れは今回が初めて。また通常では運行されない西武鉄道と秩父鉄道の周遊経路も運行し、扉扱駅も多数設定することで撮影機会を確保します。車両にはオリジナルヘッドマークを装着し、硬券乗車票も発行することで特別列車を演出します。

行程中には「夜鳴きそば」の提供もあり、また西武秩父駅で解散することから、温泉の入浴も付いてきます。2日目には西武鉄道と秩父鉄道のフリーきっぷも贈呈するということで、入浴後の乗り潰しにも最適と言えるでしょう。

行程は2022年9月17日(土) 21:14頃池袋発、豊島園、練馬、西所沢、西武球場前、所沢と移動します。翌18日(日)は飯能、正丸トンネル信号場、横瀬、御花畑、大野原、上長瀞、長瀞、秩父、影森、武州日野 、三峰口、浦山口と辿り、5:55頃西武秩父へ到着、解散となります。

旅行代金は、クロスシート基本(1名1席)プランが1人16,000円、クロスシート2席占有プランが1人24,000円、ロングシート2席占有プランが1人18,500円。クロスシート1ボックスを占有したい場合は、クロスシート2席占有プランを2名分予約することもできます。子供料金はそれぞれ大人料金から1,000円引きとなります。

申込は「日本旅行 大阪法人営業統括部 鉄道・バス企画デスク」ツアー予約サイトにて、2022年8月1日(月)15時から受け付けます。全国の日本旅行・日本旅行グループ・日本旅行商品取扱い店舗での販売は行いません。


LINEで送る

オススメ記事