JR九州 特急「いさぶろう・しんぺい号」

2017.04.22

JR九州肥薩線吉松駅を出発し、人吉駅までの特急「しんぺい号」での鉄道旅でした。

はやとの風とはまた違い車体は真っ赤。


コンセプトは
「日本三大車窓」の絶景とループ・スイッチバックで知られる、貫禄ある列車。

熊本と鹿児島県吉松を結ぶ列車で吉松行きが「いさぶろう」、熊本・人吉行きが「しんぺい」と明治時代の鉄道の偉人にちなんだネーミングです。霧島連山や桜島を望む「日本三大車窓」のパノラマを、大きな窓から楽しめます。

という事で、まさに貫禄あるという言葉がぴったりな列車でした。

乗っている中で、撮影スポットが数多くあり、景色もとてものどかで癒され、本当にあっという間に到着してしまったという感じでした。


こちら「真幸駅」では時の鐘


こちら「矢岳駅」にはSL展示


こちら「大畑駅」には名刺を貼り付けると願いが叶う駅

などなど…
こういった停車駅が度々あり、ずっと楽しんでいられました。

景色も勿論綺麗で霧島連山が見れたりと、山の中を走りながらも、遠くにはこういった山が見れたりと、まさに「癒し」でした。

しんぺい号では、大好きなクリアファイルもGETできたり、顔出し看板があったりと…大興奮の近藤でした。


それぞれが違う良さがあって良いですね♪♪

JR九州特急列車の旅はまだ続きます☆

近藤智美


LINEで送る

オススメ記事