独身寮・社宅って昭和っぽい?

2019.03.05

京王グループ初のシェア型独身寮 新設!京王電鉄は、京王グループ全体の成長の原動力となる、多様な人材を育成する拠点として、京王グループで初めてグループ社員用のシェア型独身寮『京王仙川グループ寮 KO-LAB.』(読み:コラボ)を東京都三鷹市中原(京王線仙川駅徒歩10分)に3月16日(土)に新設します。

※ダイニング・リビング・オープンキッチン

『京王仙川グループ寮 KO-LAB.』は運輸、流通、不動産、レジャー等の幅広い事業会社で構成される京王グループ各社の将来を担う、幅広い視野・価値観を持つ人材の育成と京王グループ全体の組織力向上を目的に企画した、新しい形の独身寮です。

シェア型賃貸住宅『シェアプレイス』でコミュニティ運営の豊富な実績を持つ京王グループ会社の株式会社リビタと共同で企画、シェアラウンジやシェアキッチン、シアタールームなどの共用スペースを充実させることで年齢・会社を超えた入寮者同士の交流促進、一体感の醸成を図ります。

※カフェ

また、近隣地域のチャリティー活動、交流活動への積極的な参加を通じ、京王沿線をより深く学ぶ機会を設けることで沿線エリアの活性化、地域社会との共生も目指します。

京王線仙川駅から徒歩10分という立地は、京王沿線を中心に、京王グループ各社の拠点への交通アクセスが良好であることから寮の新設を通じて京王グループ社員の働きやすい環境づくりに努めます。

京王グループでは、グループ一体となった人材育成を通して、「住んでもらえる選んでもらえる沿線」の実現を目指します。

《施設概要》
・個室 全47室(男性用29室、女性用18室)
・共有スペース:ダイニング、キッチン、シアタールーム、ワークラウンジ、シャワールーム、トイレ、ランドリー など

参考【京王仙川グループ寮 KO-LAB.】
「京王グループの新しい未来、価値が生まれる場所」をコンセプトに、京王グループ社員がこの寮に集い、年齢や会社を超えた交流を通して様々な価値観への理解を深めあうことで、京王グループの新しい価値を『共に』創り出す人材へと成長して欲しいという願いが込められています。


独身寮というのは、若い頃に友人たちが様々な企業で入寮していたので全く縁が無いワケではありませんが、この様な共同スペースはありませんでした。そもそも男女が同じ寮といのも初耳です。社宅も含めて懐かしい昭和の空気を感じましたが、どちらかと言うと日本的な湿潤よりも、カラッとした空気感を目指している未来志向の新たな試みの様です。ちょっと京王グループの方々が羨ましくなっちゃいますね。


LINEで送る

オススメ記事