羽田空港国際線ターミナル駅4か所にアニメライティング誘導システム、京急が10/21-11/4実証実験

2019.10.21

京浜急行電鉄(京急)は、10月21日から11月4日まで、羽田空港国際線ターミナル駅で、アニメーションを活用した案内サイン「アニメーションライティング誘導システム」を実証実験する。

このアニメーションライティング誘導システムは、三菱電機が製品化にむけ開発中の灯具やプロジェクターを使い、アニメーション図形を投射する案内サイン。

アニメーションで表現することで、訪日外国人などにも、直感的に案内できる。床面に投射することで、目線の低い子どもたちにも気づきやすい案内に。

設置場所は、羽田空港国際線ターミナル駅の2階改札内エスカレーター前、上りホーム階エレベーター前、B2階改札外エスカレーター前、「京急TIC 羽田空港国際線ターミナル駅」前の4か所。

2階改札内エスカレーター前は、エスカレーター利用中に手すりにつかまるよう注意喚起するサイン。上りホーム階エレベーター前は、駆け込み乗車を行わないよう注意喚起するサイン。B2階改札外エスカレーター前は、エスカレーター利用中に手荷物を離さないよう注意喚起するサイン。「京急TIC 羽田空港国際線ターミナル駅」前は、「ウィングエアポート羽田」の店舗場所についての案内サインを展開する。

画像:京急電鉄
記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです