阪神電気鉄道 本線連続立体交差事業 甲子園〜武庫川間が全て高架に

2016.12.29

阪神電気鉄道本線連続立体交差事業 (1)
※写真は阪神電気鉄道リリースより

阪神電気鉄道は兵庫県の都市計画事業「阪神本線西宮市内連続立体交差事業(鳴尾工区)」に2003年度から兵庫県・西宮市と共に取り組んできたが、このほど2017年3月18日(土)の始発列車から甲子園〜武庫川間の上り線も高架に切り替えて運行する。

今回の切替で6箇所の踏切がなくなり、交通渋滞の解消が期待される。

阪神電気鉄道本線連続立体交差事業
※写真は阪神電気鉄道リリースより

概要

■日時 2017年3月18日(土) 始発から

■区間 甲子園駅から武庫川駅西方までの約1.87km

■高架になる駅 鳴尾駅

■除去される踏切 6箇所

■整備される道路

交差道路 9路線(競馬場線、小曽根線など)
側道   5路線(付属街路鳴尾1号線など)

■総事業費 約297億円

■事業予定

2017年3月 上り線高架切替

2018年度 事業完了(予定)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです