JR九州「或る列車」の新型コロナ対策訓練会を公開 運行再開に向け万全を期す

2020.07.16

鍋島駅に停車中の「或る列車」

「JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車」(以下、或る列車)は、JR九州の誇るD&S(デザイン&ストーリー)列車の第10弾。新型コロナウイルスの影響により本年4月3日から運休が続いていましたが、来週7月23日(木・祝)より、金土日と祝日にハウステンボス―博多コースで運転を再開します。

2020(令和2)年7月15日(水)、JR博多駅にて新型コロナウイルス感染拡大防止対策の確認を目的とした訓練会の様子が公開されました。

乗車時にはヒアリングや検温を実施する

乗車時には客室乗務員がお声がけし、体調のヒアリングや非接触体温計による検温を実施。もし37.5度以上であった場合は接触型の体温計で改めて確認した上で、乗車をお断りする場合もあるようです。

参加者にはマスクの着用や手指消毒への協力をお願いしており、マスク未着用であった場合は乗車時にお声がけをし、未所持であれば配布も行います。

調理スタッフは手袋・フェイスガード・マスクを常時着用
調理中も手袋・フェイスガード・マスクは外しません
客室乗務員もフェイスガードを付けて接客を行う
消毒液を車内のいたるところに設置

客室乗務員および調理スタッフは手袋・フェイスガード・マスクを常時着用します。フェイスガードはJR九州の他の観光列車ではまだ採用されておらず、こうしたところからも「或る列車」のグレードの高さや運行再開への期待感が伝わってきます。

7・8月は運行開始当初のメニューを再現する

「或る列車」は2020年8月8日に運行開始五周年を迎えることから、7・8月のコースでは運行開始当初のメニューを復刻提供します。同日には豊肥本線全線再開も予定されており、嬉しいニュースが立て続けに飛び込んでくる一日となりそうです。

文/写真:一橋正浩


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです