成田スカイアクセス 成田空港線 開業10周年、京成スカイライナーAE形 3100形 3050形 各1本にヘッドマーク_Sexy Zone 中島健人オリジナルクリアファイルも当たる!

2020.07.15

京成高砂~成田空港の成田スカイアクセス(成田空港線)は2020年7月17日、開業10周年。

京成電鉄は、この10周年にあわせ、7月17日から次のような記念イベントを実施する。

1.記念ヘッドマーク掲出車両の運行

2.記念シートの掲出

3.成田スカイアクセス開業10周年記念乗車券 の発売

4.成田スカイアクセス開業10周年記念カード の配布

5.京成王子とスカイライナー空想旅行キャンペーン の実施

6.特設ホームページ(https://www.keisei.co.jp/keisei/skyaccess10th/)公開

AE形に掲出する記念ヘッドマークと記念シートのデザインは、3代目スカイライナーAE形をデザインした山本寛斎が担当。

記念ヘッドマークを掲出する車両は、AE形・3100形・3050形 各1本。

また、特設ホームページ(https://www.keisei.co.jp/keisei/skyaccess10th/)では、京成王子こと中島健人(Sexy Zone)の記念メッセージ動画を掲載。

京成王子とスカイライナー空想旅行キャンペーンでは、中島健人オリジナルクリアファイルが抽選で2000名に当たる。

京成は1978年、新東京国際空港(現 成田国際空港)が開港して以来、特急スカイライナーを中心に空港輸送を担ってきた。

2010年7月には成田スカイアクセスが開業し、山本寛斎デザインの3代目スカイライナーが国内在来線最速時速160kmで運行を開始。都心~成田空港の所要時間を最速36分に短縮した。


LINEで送る

オススメ記事