JR九州「36ぷらす3」お披露目!漆黒のボディと豪華な内装でぐるっと九州を回る新たな観光列車

2020.09.29

「36ぷらす3」とJR九州代表取締役社長執行役員 青柳俊彦氏

2020年9月29日、JR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」が報道陣に公開されました。

「36ぷらす3」の入線
客室乗務員や車掌の制服も披露された

小倉総合車両センターで実施されたお披露目式では、JR九州代表取締役社長執行役員 青柳俊彦氏、ドーンデザイン研究所代表 水戸岡鋭治氏ほかJR九州および沿線の関係者が集まり、「36ぷらす3」の完成を祝しました。

水戸岡鋭治氏(左)と青柳俊彦氏(右)

同列車はJR九州を代表する電車特急型車両787系(1992年製造)を全面的にリニューアルし、12番目の「D&S列車」(デザイン&ストーリー列車、JR九州の観光列車)として再び世に送り出すものです。

種車となる787系も並ぶ

高級感のある漆黒のボディに木材をふんだんに使った豪華な内装が特徴。17年ぶりに「ビュッフェ」を復活させたほか、同社のD&S列車としては初めて「タタミ敷」を採用し靴を脱いで乗車できるようにするなど、美しさと斬新さを兼ね備えた列車となっています。

「36ぷらす3」は沿線各地でおもてなしを受けながら「輪」を描くように九州全県を巡ります。運行開始は2020年10月16日(金)予定。乗車予約等はJR九州の「36ぷらす3」特設サイトから。

文/写真:一橋正浩


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです