西武池袋線にある菜の花畑のリアル

2020.10.07

秋も冬も季節をとわず、毎日が菜の花畑のなかに腰かけて移動している感覚―――。

池袋と所沢を2往復してみて、そう感じた。ここは西武鉄道001系ラビュー車内。

都心から遠く離れたJR線の小さな駅の前に住んでると、所沢の人たちがうらやましく思う。

特急料金400円を追加するだけで、毎日が菜の花畑のなか。力強いダンパーとボディ剛性からか、通勤電車のごつごつした揺れや、新幹線のようなずんずんと底から響く震えもない。むしろ001系のささやかなゆりかご的な揺れが、心地いいぐらい。

―――そんな個人感覚な話はこれぐらいにして、リアルな西武特急001系の状況を。

まず、平日は池袋〜所沢のニーズがめちゃめちゃあること。世代や性別、グループ構成を問わず、人気。

券売機購入もネット予約もできないこちらは、有人カウンターに行く。

「大人2枚、池袋から所沢まで。車両後方の座席で、目の前が柱じゃない席」

「はい、6号車●A●B席でお二人、800円です」

平日16時台に池袋を出る特急むさし飯能行きにのると、こんな乗客といっしょになる。

 ・いまもむかしも変わらない。西武デパートのサークル模様の買い物ビニールを持った老夫婦
 ・ひたすらスマゲーと向かい合う20代男性
 ・タピオカをストローですくいながらテーブルにお菓子をひろげる20代女性2人
 ・パソコンを開けてExcelのスプレッドシートを埋めていくスーツ姿の男性

西武特急ラビュー001系むさしは、こうした乗客をのせて、複々線の外側線をつーっとかけていく。

で、こうしたラビューの人たちは、ほぼみんな、所沢で降りる。所沢を出るラビュー001系は、誰もいない静かな菜の花畑。

帰りもそう。所沢から、西武ライオンズの応援ユニを着た人が、静かにビールを開けて、わずか20分という乗車時間に、自分のゲームを整理する―――。

そんな西武鉄道 池袋線の菜の花畑。電鉄のブランド醸成力を感じた片道20分だった。


  
  

鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信!

ぜひチャンネル登録を!

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

◆LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
https://live.line.me/channels/576

◆鉄道チャンネル公式YouTube「しゃべ鉄気分!」
https://www.youtube.com/watch?v=SqnggNAKNcQ&feature=youtu.be

◆鉄道チャンネル/tokyochips サブアカTwitterは 記事配信のほか グルメや街ネタ ガジェット 試してみた系いろいろ投稿中!
https://twitter.com/tetsudo546


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです