長閑に散歩【駅ぶら04】国分寺線03

2021.01.18

※2020年11月撮影

トップ画像は、国分寺線恋ヶ窪駅南側踏切からホームに停車する東村山行と国分寺行のトゥーショット。

【駅ぶら】はその南側の踏切で電車の通過を待っています。

※2020年11月撮影

上り国分寺行が通過します。

※2020年11月撮影

同じ踏切からホーム、空舞台。

※2020年11月撮影

こちらは国分寺方面。線路が盛り上がっている下をJR武蔵野線が通っています。

※2020年11月撮影

踏切の北東側、先の左に国分寺市立第一中学校があります。

※2020年11月撮影

南西側に向かいます。逆光なのでレンズ内のハレーションがでてしまいました。一人で手持ちなのでハレ切り(ハレーションを切る)ができません。右のファミリーマートは恋ヶ窪駅舎内の店舗です。セブンイレブンのトラックが通ります。世界はコンビニに満ちている、という気分になりますね。おかげで日々助かってますけど。(笑)

※2020年11月撮影

この日は太陽光が強烈。空気が澄んでいるのでコントラストも強烈。小さなコンデジには荷が重い。

※2020年11月撮影

商店街です。左には大きなセブンイレブン。

※2020年11月撮影

先の右側に国分寺市役所第一庁舎がありました。第二庁舎は左奥です。

※2020年11月撮影

商店街が続いていますが、次の信号を過ぎると少しずつ住宅街になっていきます。自転車が多いので、もう少し歩道が広い方がのんびり歩くことができて良いかもしれません。

※2020年11月撮影

庁舎の脇を入るとこちらも住宅街です。

※2020年11月撮影

恋ヶ窪駅に戻って駅前を北西側に、ホームから見えた跨線橋目指して歩いています。

※2020年11月撮影

跨線橋に到着。

※2020年11月撮影

跨線橋からは架線を保護する防護板がでています。跨線橋からモノが垂れて架線に接触して感電したり停電することを防ぐものの様です。注意していると、それなりにあちこちの跨線橋で見かけます。

※2020年11月撮影

跨線橋から東村山駅方面。下り線の安全側線が見えます。

※2020年11月撮影

恋ヶ窪駅ホーム側。

※2020年11月撮影

跨線橋を少し進んで見下ろします。軌道左側の広い敷地が気になりました。

※2020年11月撮影

反対側。この敷地の余裕、ネットで調べたレベルでは努力不足で分かりません。電車留置線くらいは設けられる広さ・長さがあります。

※2020年11月撮影

跨線橋を降りて駅の方に戻ります。跨線橋から東村山駅側は、約500m先にある戸倉通りの踏切まで国分寺線を渡れません。

※2020年11月撮影

敷地の余裕はありますが、こちら側に恋ヶ窪駅出入口はありません。先の駐輪場には自転車がたくさん駐まっていました。

※2020年11月撮影

では国分寺線で次の駅に向かいます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです