お気に入りの散歩コース【駅ぶら04】国分寺線04

2021.01.19

※2020年11月撮影

トップ画像は、玉川上水を渡って国分寺線鷹の台駅に到着する東村山行電車。

恋ヶ窪駅からの前面展望、信号が緑に変わってスタートします。

※2020年11月撮影

国分寺線は北西に向かっていましたが右に30度ほどカーブして向きを北東側に替えます。恋ヶ窪駅横の跨線橋から最初に国分寺線を渡る戸倉通りの踏切です。

※2020年11月撮影

次は、五日市街道の踏切。

※2020年11月撮影

カーブが終わり直線になります。

※2020年11月撮影

鷹の台駅の跨線橋が見えました。

※2020年11月撮影

玉川上水通りの踏切と玉川上水を渡る橋梁があります。

※2020年11月撮影

恋ヶ窪駅から1.5kmで鷹の台駅です。上り線側に安全側線。

※2020年11月撮影

上りホームに人がいないのは、朝と夜を除いて下り1番ホームを上り電車も使用するからです。

※2020年11月撮影

鷹の台駅を出るとまた単線に戻ります。下り線側にも安全側線。次の小川駅まではほぼ直線です。

※2020年11月撮影

ここからは【駅ぶら】カット。1番ホームの東村山駅側にいます。

※2020年11月撮影

反対の国分寺側に来ました。

※2020年11月撮影

下りホームが5mほど国分寺側にズレて設置されています。駅の東に広がる小平中央公園の木々が見えます。

※2020年11月撮影

駅名標。

※2020年11月撮影

鷹の台駅は1948年(昭和23年)開業。1961年(昭和36年)列車交換設備が設置されました。1985年(昭和60年)新しい駅舎が完成。2007年(平成19年)始発~8時台までと21時台~終電までを除く上り電車(国分寺行)が1番ホーム発着になりました。2011年(平成23年)バリアフリー工事完了。

改札口はホームから少し下がっています。

※2020年11月撮影

上りホームへの地下道は閉鎖されていました。

※2020年11月撮影

改札口を出ます。

※2020年11月撮影

では鷹の台駅を【駅ぶら】します。武蔵小金井から玉川上水沿いに歩いて鷹の台駅までは、長年筆者の好きな散歩コースでした。実に久しぶりです。なんだかウキウキしますね。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです