JR東、GV-E197系とE493系を2021年春以降に投入 新型砕石輸送気動車と事業用電車

2021.01.19

GV-E197系イメージ 画像:JR東日本

JR東日本は2021年1月19日、新型砕石輸送気動車GV-E197系および事業用電車E493系を投入すると発表した。

同社は在来線の砕石輸送や砕石散布作業に機関車と砕石輸送用の貨車を、車両の入換作業や回送列車のけん引には機関車を使用している。新型の投入は、国鉄時代に製造されたこれらの車両の老朽化を受けてのもの。

電気式気動車 GV-E197系

砕石輸送や砕石散布作業用に、量産先行車としてGV-E197系(6両編成)を1編成投入する。本車両は非電化区間の車両の入換作業や回送列車のけん引にも使用するという。高崎エリアへ先行投入予定。

気動車方式を採用することで、電化・非電化区間を問わず走行可能に。また編成の両端に運転台を有するため、機関車の入換作業も不要になる。機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンスも可能だという。

交直流電車 E493系

E493系イメージ 画像:JR東日本

車両の入換作業や回送列車のけん引用に、量産先行車として2両編成を1編成投入する。首都圏エリアへ先行投入予定。

交直流切り替え方式により、電化方式にかかわらず走行可能。また電車方式を採用することで、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンスを可能とする。

GV-E197系・E493系いずれも2021年春以降に投入し、性能試験実施後に運用を開始する。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです