ありがとう「キハ200形・キハ220形」3月大村線ラストラン JR九州

2021.03.01

キハ200形イメージ 写真提供:JR九州長崎支社

長崎本線、大村線、佐世保線を「シーサイドライナー」の愛称で走るキハ200形・キハ220形が、3月11日をもって長崎地区(大村線)から引退する。

大村線ラストラン列車は、キハ200-1012・12、キハ220-209、キハ220-1101の4両編成で運行。3月11日 長崎駅22時4分発 普通列車 早岐行きとして2番のりばから発車する。 早岐駅到着は23時45分予定。

ラストラン列車の行先表示は「ありがとう」とし(※車両の色は赤)、車内には「これまでの感謝」を表したポスターを掲示。長崎駅と諫早駅でオリジナル手旗でのお見送りを実施するほか、出発駅及び車内では車掌による特別放送なども行う。

また、長崎駅と諫早駅でラストラン列車のお見送りに参加された方には、「★ありがとうキハ200 形・キハ220形オリジナルポストカード」をプレゼント。

キハ200形は1994年に長崎地区に6両が新製投入され、その後もキハ200形・220形が転属し、現在は12両が運行中。長崎地区から退いた後は大分地区、熊本地区、鹿児島地区に転属し、引き続き久大本線、豊肥本線、三角線、指宿枕崎線で活躍するという。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです