シューマツワーカーという新しい選択肢、地方の老舗酒蔵が優れたIT人材を確保できる理由_プロ副業界のトレンド

2021.05.21

「ECサイトを構築したいけど、社内にITリテラシーに精通したスタッフがいない」

「サイト制作の上流からいっしょに関わってくれるフリーランスエンジニアがなかなかみつからない」

そんな不安から脱却し、優れたWEBサイトを短期で構築できた老舗酒造メーカーがある。

群馬県長野原町に本社を構える、浅間酒造。

同社は、期待するIT人材がなかなか確保できないなか、シューマツワーカーと出会い、「地方で非IT企業の浅間酒造でもうまくハマるかもしれない」と思い相談した―――。

低コストで人材確保でき、必要な分だけ業務を依頼

シューマツワーカーは、“プロ副業社員”と企業をマッチングするサービスを展開。

登録されているプロ副業社員プロは、マーケターやエンジニア、デザイナー、WEBマーケターなど多彩。

低コストで人材確保でき、必要な分だけ業務を依頼できるうえ、最短5日で稼働開始し、内製化を実現できるという。

「外部人材というより、組織に片足を踏み入れながら、サイト制作の上流から伴走してくれている。副業社員のノウハウを社内に落とし込み、若手従業員にも吸収してもらいたいとも思う」

「またシューマツワーカーが制作会社ではなく、人材会社という点が浅間酒造にマッチした。幅広いIT人材がいるので、課題の状況に応じていろいろな人材をアサインし、案件ベースで優秀なチームをつくれる」(浅間酒造)

―――地方の中小企業の悩みのひとつ、IT人材確保。その新しい選択肢としてシューマツワーカーが、いま注目を集めている。

◆シューマツワーカー
https://shuuumatu-worker.jp/

(シューマツワーカー副業・複業案件一覧イメージ)

こちらの記事もオススメです