JR九州、車内飲料自動販売機サービス終了へ 2022年3月末

2022.01.14

JR九州は2022年1月14日、車内における飲料自動販売機サービスを2022年3月末に終了すると発表した。

対象列車は博多~鹿児島中央間を800系6両編成で運行する新幹線と、在来線の全特急列車。山陽新幹線直通の「さくら」「みずほ」などで使用されるN700系については触れられていない。

駅構内におけるコンビニエンスストアおよび飲料自動販売機の拡充、新型コロナウイルス感染症拡大の影響などにより、車内に設置している飲料自動販売機の利用が減少したことから、サービス終了が決まった。

なお、2022年2月よりサービス終了に伴う作業を順次実施するため、列車によっては飲料自動販売機を利用できない場合がある。

(800系新幹線 イメージ写真:tarousite / PIXTA)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです