全然普通じゃない“超”普通列車の旅、大井川鐵道で5月開催 昨年の好評受け、10分停車する駅を拡大

2022.03.24

写真:大井川鐵道

日本旅行大阪法人営業統括部は大井川鐵道の協力のもと、井川線全駅に5分間以上停車する“超”普通列車ツアーを発売する。

奥大井の山中に分け入る大井川鐵道井川線は、多くの秘境駅を有する森林鉄道として人気があるものの、運転本数が限られるため、魅力的な途中駅ではなかなか下車できないもどかしさがあった。

両社は「停車時間を敢えて伸ばす」ことで問題を解決。2021年に全駅で下車できるよう各駅停車時間を5分以上とするツアーを発売し、好評を博した。

超普通表示(写真:日本旅行)

今年は10分停車する駅を拡大し、ED90形電気機関車の基地である「市代検車庫」と、古典的な機器が並ぶ井川線の車両基地「両国車両区」の見学も組み込む。

参加者は初日、新金谷で大井川本線フリーきっぷを受け取り、各自自由行動ののちホテルルートイン島田駅前へ宿泊。2日目は金谷駅に集合し、普通列車で千頭へ。千頭からは初列車運行前の井川線で“超”普通列車を堪能し、車庫・車両区見学ののち解散という流れになる。

ツアー名は「“超”普通列車で行く大井川鐵道井川線全駅制覇と基地見学の旅」、旅行期間は2022年5月21日(土)~22日(日)、旅行代金は大人小人同額で31,500円(2名1室利用)~32,500円(1名1室利用)。

申込は2022年3月28日15時より、「日本旅行 大阪法人営業統括部(旧大阪法人営業支店)」のホームページで受け付ける。


LINEで送る

オススメ記事