200系カラーのE2系新幹線が走る「なつかしのあおば号」仙台→上野で6/25運転

2022.05.19

200系新幹線(イメージ)
E2系新幹線(イメージ)

JR東日本仙台支社とJR東日本びゅうツーリズム&セールスは2022年5月19日、東北新幹線(大宮~盛岡間)40周年記念の旅行商品として、「あおば」をイメージした団体専用臨時列車を運転すると発表した。

列車名は「なつかしのあおば号」で、先日発表になったばかりの「200系カラー」を再現したE2系新幹線を使用する。運転日は2022年6月25日(土)、仙台 9:08頃発 → 上野 12:06頃着。途中停車駅は白石蔵王・福島・郡山・新白河・那須塩原・宇都宮・小山・大宮。

200系新幹線カラーをE2系新幹線に再現(画像:JR東日本)

「なつかしのあおば号」旅行商品も発売

「なつかしのあおば号」に乗車できる旅行商品「『なつかしのあおば号』で行く 大宮・上野」「『なつかしのあおば号』お子さま連れ専用車両コース」も発売する。いずれも乗車駅は仙台、白石蔵王、福島、郡山、新白河。降車駅は大宮、上野。

前者は募集人員300名。旅行代金は仙台駅発上野駅着・普通車指定席の場合、大人1名18,000円(こども14,000円)。グリーン車利用コースも用意されている。

東北新幹線開業40周年記念グッズとして、参加者には「あおば」行先表示器キーホルダーや、当時のきっぷを再現した記念乗車証、当時のポスターをデザインしたクリアファイル、当時の時刻表から時刻や路線図など8ページ分を抜粋した冊子をプレゼント。また当時発売されていた駅弁を模した記念弁当をポリ茶瓶とセットにして車内で提供する(こどもにはお子さま向けのお弁当とジュースを用意)。

後者は募集人員120名。大人1名+こども1名以上から申込を受け付ける。グリーン車の設定はないものの、1両まるごとお子さま連れ専用車両となっており、申込人数に+1席分を広々と使用できる。旅行代金は仙台駅発上野駅着・普通車指定席とした場合、おとな(こども)1名様13,000円(9,000円)。

「あおば」行先表示器キーホルダーやお子さまも楽しめるぬり絵、ペーパークラフトをプレゼントするほか、車内ではお子さま向けのイベントも実施する。お弁当類は「『なつかしのあおば号』で行く 大宮・上野」同様。

申込はJR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」サイトで5月19日16時から受け付けるほか、クラブツーリズム、阪急交通社、読売旅行でもツアーを企画実施する。


LINEで送る

オススメ記事